英語を話すための力とは?

英語を話すための力というのはそれだけで独立しているわけではありません。また、幼児期を超えてしまった私たちが学ぶ第二言語というのは一筋縄ではいきません。そこに必要とされる様々な力をまとめてみます。

単語力

文章を読む際に、一行あたり三語以上知らない単語が出てきてしまうと正直読むのが厳しいです。特に動詞がわからないと文章全体の意味把握に関わってきます。
「私は昨日家族と一緒に◯◯◯しました。」
「私は◯◯家族と一緒にスキーしました。」
という文章のどちらが意味把握を困難にするでしょうか。動詞は重要なのです。いずれにしても単語は全般的に重要です。そして、読めないのに話せるでしょうか。話すにも単語は最低限必要なわけです。

文法力

正しい文法を話せないとサバイバル英語になってしまいます。出川イングリッシュ(番組として僕は大好きで、出川さんの情熱・気力は学ぶところが多いと考えています)において、出川さんが多少単語が話せても単語を並べる順番が違うと意味が通じにくくなるのが分かると思います。文法は侮ってはいけません。

発音力

発音は相手に快く聞いてもらえるためにも重要ですし、発音を向上させるとネイティブライクな発音(英語特有の現象:linkingやelisionなど)も自然に身につくことになります。相乗効果があります。

大量のインプット

「誰にも言わないでください」という日本語を瞬間的に英語にするとしたら何というでしょうか。
文章構造を考えて”Don’t tell anyone.”とするのが日本人の基本的な発想であり、正しい英語です。ですが他にも”Keep it to yourself.”や、”Don’t let it out of this room.”などという言い方もあります。ですが、これは日本語的な発想だけから作文することは正直難しいです。こういう使い方をしている「状況」をたくさん見てくることで自分で使うようになるわけです。だからこそ、たくさんのインプットが必要になってきます。知識は常に増やしていく必要があります。

大量のアウトプット

今までは知識の面を重要視してきましたが、蓄えた知識を出していく機会も重要です。バランスが重要なのです。とはいえアウトプットには二種類あります。「相手が必要なアウトプット」と「相手が不要なアウトプット」です。相手が不要なものは、音読練習を中心としたアウトプット練習を自分ですることができます。相手が必要なものは本当の実践であり、実際に相手のいっていることをリスニングをし応答するという力が必要となります。

英語を話すための力を鍛えるには?

質の良い英文を音読筆写する

質の良い英文というのが難しいですが、「文法事項」を適度に含み、「学ぶべき単語」が多くあり、「内容として面白い」ことなどが挙げられるでしょう。こちらの学習法は國弘正雄先生の『ぜったい音読』シリーズに書かれていることと同じです。

  • CDを一回聞き内容推測
  • CDと一緒に音読する(Overlapping)
  • 内容を精読し完全に理解する
  • 自力で三回音読する
  • 音読筆写する
  • CDを一回聞き内容を聞き取る

音読筆写のところでは、喋りながら本文を一行二回書き(殴り書き)、三回目は丁寧に書きます(文字による脳内への刷り込みを強くするため)。それを次の行へと繰り返していきます。
これらの作業によって文法力・単語力・発音力・大量のインプットに関して大きくカバーしていけます

多読

洋書にはたくさんのレベル幅があります。恥ずかしがらず最低レベル(絵本でも良い!)から読み進めていくのがよろしいでしょう。オンラインにはたくさんの無料で読める本もあります。CNNやBBCなどのニュースサイトを読むのも中上級者の多読による勉強法です。

多聴

多聴する対象としてはたくさんあります。市販のリスニング教材を使うもよし、BBCの6 minute Englishのような教材でもよし、CNNニュースでもよし、edXなどの無料教育プラットフォームで勉強してみるもよし、好きな海外のYouTuberをみるもよし、映画を字幕付きで観るもよし。
そしてこれらはいずれも単語力・大量のインプットに大きく関わってきます

独り言

自分が覚えたいと思うフレーズ・有名な演説・映画のセリフなどを独り言で暗唱し使おうとしてみる。また、使おうとする場所を想定してみたりする。これは大量のアウトプットというところを強化できます

英会話

これも大量のアウトプットというところを強化できます。今ならNative CampやDMM英会話などでオンラインでもたくさん英会話を日常にすることができます。また、当塾では「60分を月4回」の英会話を5,000円で実施しています。日本人講師の授業がここまで格安で受けられるのは珍しいので、本当にお勧めします。破格です。(お気軽にお問い合わせください

格安英会話講座

さて、ここまで英語を話すための力・勉強法について話させていただきました。上述した中でどうしても一人では難しい勉強があります。それは「英会話」です。なぜなら相手が必ず必要であり、初心者にとっても非常にハードルが高いものだからです。こんな自分でやっていけるのだろうか、ネイティブと話せるだろうか。これは普通の感覚です。それを少しずつ自分のレベルを上げていくために利用して欲しいのが、当塾の「格安英会話講座」です。誰もが知る超大手英会話講師でもあった塾長が自ら教鞭をとります。日本人だから会話に詰まった時も適切な補助が得られます。その点については大手と同じかもしれませんが、うちの塾が何よりおすすめなのはその安さ、です。「月額5,000円」。これは日本人講師からの直接指導では格安です。ぜひこれを機会に体験からでも始めてみませんか?(体験では初回授業無料)

まとめ

  • 英会話はアウトプットに重要
  • 仙台物理実験塾PeXの格安英会話講座(月額5,000円)がお勧め

 

塾名 仙台物理実験塾 PeX
所在地 〒983-0045 宮城県仙台市宮城野区宮城野1-1-3 尾花ビル 501
TEL 080-1326-4299
ホームページ http://physicsdoor.net