仙台物理実験塾 PeX

Experiment × Physics

【レポート】2019/11/24(日)第六回異分野交流会:オーロラについて

[TOC]

異分野交流会とは?

異分野交流会とは、研究者がその専門分野でない人たちに向けて自分の研究内容の面白さをシェアする場所です。お酒や美味しい料理を一緒に楽しみながらなので、皆さんいつもリラックスして聴いていらっしゃいます。お陰様でこの度6回目を迎えることができました。

今回は地球物理学のお話「オーロラ」について

今回は塾長北山と同期の物理学科で、現在地球物理学分野修士2年で活躍するYagi君による講演でした。そこまで専門的な知識がない高校生にも理解ができる内容で作りこんで来てくれたとのことでした!!!

今日の話の流れ

上のスライドからいよいよスタートです!これはノルウェーに研究関連で行った時に取った写真だそうで、右下に映っているのがどうやらYagi君のようです(笑)

オーロラ自体はここまで綺麗に鮮やかに見えているわけではなく、撮影しているカメラをある程度露光することでこの写真が得られるようでした。

人生で一度は見てみたい風景ですね。(そういえば知人と北欧へ旅行として行く話があった気がするけどどうなったかな…)

序盤にオーロラの種類が大きく分けて二つ存在する(discrete aurora & pulsating aurora)ことに触れて、その物理的過程が異なるという話をしてもらいました。

上の写真はその後歴史の解説に入るところです。高校数学の三角比でも似たような問題をやりますね。物体の高さを測るために三角比を用いることができますが、目標のオーロラへの仰角を二箇所を測るに、その二人の観測者の間の距離dが必要になってしまいますから、二人の観測者の連絡が必要となります。そのため、どうやら通信手段が発達して来たことからできるようになった測定方法の模様です。もちろんオーロラは建物と違って動いたりしていますから、瞬間的に通信する方法がなければ測量も難しいわけです。

オーロラの物理的過程の話へ

導入が終わり、オーロラの物理学についての話が進んでいきました。次の動画は、序盤に分類したオーロラのうち、discrete auroraと呼ばれるものの動画をYouTubeから拝借したものです。一般的にオーロラと言われたら誰もが想像するのがこちらですよね。

それに対して、もう一つのpulsating auroraの動画がこちら。

pulsating auroraの方は、一見地味に見えますが、それに反して現在ホットな研究話題であるようですよ。この後、オーロラがどうしてこういう色で見えるのか、おおよそ現在わかっているオーロラの機構について説明をしてもらいました。

それでもまだまだdiscrete aurora含めよくわかっていないオーロラの物理はたくさんあるようでした。上のスライドはその一つ。やはり、まだこういうことが分かってないんだなぁ、ということを聞くと、非常にワクワクしますね!普段塾講師で知っていることばかりを教えることも多いので、未知のことを定期的に聞くのは非常に刺激になります(笑)

次回の異分野交流会

次回の異分野交流会12月末が年末年始期間で人が集められないと思いますので、来年以降にいたします!すでに参加したことのある方も、まだ参加したことのない方も、ぜひお気軽にお声がけください!

講演者(中央)とお二人の参加者の方々、ありがとうございました!

【告知】2019/11/24(日)第六回異分野交流会:オーロラについて

異分野交流会とは?

2019年11月24日に第六回異分野交流会を開催いたします!前回は連続体仮説についてというテーマで数学科の方から講演していただきましたね。
異分野交流会とは、「現役の研究者がその研究をシェアする場」であり、それを「お酒・料理・おつまみ有」でまったり楽しもうよという趣旨のイベントです。

講演内容

「オーロラについて」(地球惑星物理学分野)

オーロラとは、高層大気を構成する原子・分子が、様々な過程により蓄えられたエネルギーを光として放出する現象である。古くより人々の関心を集めていたオーロラ現象は、19世紀後半からは科学的なアプローチによりその性質が研究され始め、20世紀後半以降は観測装置の発展に伴う、より定量的な解析が盛んに行われている。オーロラはその形状や発生機構により様々な名前に分類されるが、特に、その明るさが周期的に変化する脈動オーロラについては、近年の技術発展を応用した研究により多くの謎が解き明かされてきた。その一環としてNASAは、2020年12月に脈動オーロラ中にロケットを打ち上げ、様々な物理量をその場観測することから脈動オーロラを研究するLAMPプロジェクトを計画している。東北大学はLAMPプロジェクトに光学観測装置を提供する予定であり、私はその設計・開発・地上試験を担当している。
本講演では、オーロラの分類やその発生機構に関わる基本的な解説を行い、最終的に脈動オーロラ観測計画であるLAMPプロジェクトについて説明する。オーロラに関係する物理現象について定性的な説明を行うため、専門的な知識は不要である。

参加方法

connpass(https://pex.connpass.com/event/155881/)にて参加申請をするのみです。

  • 参加費:500円
  • 場所:仙台市宮城野区宮城野1-1-3 尾花ビル501

絵本での英語勉強

Read with Biff, Chip & Kipper Phonics Level1

英語多読の教材を簡単に紹介しましょう。上の写真はイギリスの大半の小学校で採用されているOxford Reading TreeのRead with Biff, Chip & Kipper Phonics Level1です。Phonicsというからに、発音を理解することを要とした音の遊びが含まれています。もちろん、これを指導できる大人が必要なわけですけれども。

Chip’s Letter Songs

上の写真は”Chip’s Letter Songs”のp13から引用したものです。”Look for all the things in the picture that begin with m and n.”とのことですが、結構難しいですよね。日本の中学校で学ぶ教科書でもここまで絵に特化した教材は無いです。しかし絵による学習は非常に記憶に印象付ける意味で強力です。たとえ今回このページで分からなくても、ここで一旦覚えようとすれば、このシリーズのどこかで再び出てくることもあり、そこでまた自分でアウトプットができるので復習ができてしまうんですね。もう赤ちゃんレベルにまで自分が戻ったと思って英語を再学習するのがポイントです。こういう本を舐めてはいけません。

ちなみに上の絵の中の問題の答えは、mum, mug, mice, monkeys, needle, newspaper, monsters, necklace, moon, night, netなどです。くまなく探していると発見もあり、面白いです。

こういう本を徹底的に生徒と読み込んでいきます。絵から学んだ単語は一発では覚えられなくともかなりの確率で一回は見たことあるという風になりますし、同じように続けて絵本を読んでいけば必ずといっていいほど同じ単語に出会います。そういうところでこういう絵のイメージは強く活きることとなるでしょう。

忙しめの土曜日&多読実践

おはようございます。

土日がかなり忙しくなりがちで、今日も例に漏れず一日中仕事です。

当塾で多読を英語の勉強に導入しましたが、やはり膨大な量の洋書があるわけで、当塾に足の踏み場がないほどの本を買い込むわけにはいきません。ですが図書館に行っても多読実践したい人がすぐに実践できるかというと、若干ハードルが高い気がします。なぜかというと、YL(読みやすさレベル)について知っている人もそこまで多くなく、かつ、図書館にその記載があるかどうか怪しいからです。これには流石に地域差が出てしまいますが、仙台市では多賀城の図書館には少なくともその表示があるようです。少々仙台駅から離れてはいますが、電車であれば近いです。

さて、そのような多読実践のための情報を知ったからといって、英語の全くの初心者が飛び込んでいけるかというと、やはり指南が必要だと思うわけです。なぜなら、文法は本には書かれてはいませんし、本の内容を理解したかどうかの確認というのは、読み始めの人にとっては難しいからです。また、どんどん多読していくにあたって、記録をしたり、情報共有したり、その進捗を報告したりする場所があるのは、勉強を継続する一つのポイントになります。

当塾では多読記録用のハンドブックを持ってもらっていて、初めから「図書館へ行け」は酷なので、簡単すぎるというほど簡単すぎる(とはいっても向こうの小学生が読むレベルというのはなかなか難しいです)絵本のみ塾で読んでもらい、羽ばたいていけるレベルになって来たら(ここで英語を読むという自主性が確立できている)自分で図書館に足を踏み入れてもらう。興味のある本を探してもらうということにしようかな、と。

塾では読んでもらった後、読み合わせで内容を確認したり、ちょっとした文法事項は解説します。多読だけ、というのが良いのではなく、色々な勉強法を組み合わせて網羅するのが相乗効果を生むはずだからです。(やはり受験に文法問題というのは出ますし)

英語多読・英会話の授業は明日の日曜日になります。気になる人はぜひコンタクト取ってみてください。

それでは今日も一日頑張りましょう。

急激に寒くなる&インフル

おはようございます。

本日仙台は最高気温が14度、最低気温が8度というなかなか寒い日になるようです。みなさま防寒具をしっかり(ブーメラン)。実は昨年度に用意していた防寒具がすべてworn outしていたため、全て捨ててしまいました。そろそろ購入しなければ、といった具合ですが、なかなか時間も取れていない現状です。

さて、どうやらまだ数は少ないようですが、インフルエンザにかかっている人もいらっしゃるようです。身内で40度近くの高熱が1週間続いている、明らかにおかしい…?という人もおり、今日インフル疑惑で医者にもう一度かかる人がいます。みなさまもお気をつけください。

仙台寒くなってきました

おはようございます。仙台は昨日の夜、駅周辺で13度でございました。なかなか寒くなって来ましたね。

本日は塾の授業のお仕事のみなので塾に滞在する予定です。

外を移動するときはそろそろ分厚い格好が必要ですね。風邪を引いてしまっては仕事にもなりませんし。

最近私用で環境問題に関するディスカッションが多いので、今日は地球温暖化に関することを調べつくそうかなと考えています。こういうのも、塾の授業でのネタになりますね。参照するデータは主に国連の(https://unfccc.int/process-and-meetings/transparency-and-reporting/greenhouse-gas-data/ghg-data-unfccc/ghg-data-from-unfccc)ですね。

Connecting the dots

先日は当塾の英語の授業でSteve JobsによるStanford uniでのスピーチを一部見せました。

とても有名ですよね。僕も初めて聞いたのはかれこれ5年以上前だったのではないかなと思います。

彼が最初にする話は「点と点を繋げる話」です。

私たちは後ろを振り返って、過去のあの行為と今のあの行為がつながったと理解することしかできません。逆に、今やっていることがあとでこう繋がると完全に見通すことはできません。言われてみれば当たり前のことですが、本当にその通りです。私はさらに進んでこう考えています。

正直、「時間をかけないでうわべで学んでいるものほど、全く役に立たない

という考えです。そう思わないでしょうか?今の高速化されたネット社会において、情報は一見すぐ手に入るように思えます。しかし、それは僕は正しくないと思います。デマ・嘘の情報も同時に多く存在し、あなたがたがそれを見分けて正しく理解するためのネットリテラシーが以前(こんなにネットが発達していない時代 )に比べて必要だからです。そんな時代だからこそ、腰を据えて時間をかけてでも学ぶ必要性が出てくるのです

こんな話もできます。今大人が仕事として食べていけている仕事。それは、その人がその分野や仕事に関して多大な時間や苦労をかけてきて、そこについて他の人よりも相対的に優れているから仕事になっています。

つまり、時間をかけないで速習するうわべのようなものは、世において太刀打ちができるわけがないということです。

英語学習に関してもそんなことが言えるでしょう。英語は日本の学校において誰もが通る道であり、だからこそ情報もそれだけ多くあふれています。よく、「こんな風にすれば誰でもできるようになる!」「〜日でできるようになる!」などの聞こえがいい言葉は目にしたことがあると思いますが、結局そんな短時間で学んだことは活かすほど強い武器にはなり得ないのです。苦労して時間をかけて考えたり、恥をかいても使っていたり、日々学んだり、英語でものを読んだり、音読したり、ディクテーションしたり、新しい単語を学んだり。そういうプロセスを経て経験が積まれ、失敗もし、筋のいい道が見えてくる。そういうものです。失敗を知らない人は、成功を理解できるとは思えませ

なので、私はこう主張したい。

泥臭くてもいい、時間がかかってもいい。きっと何かに熱中して得たものは宝になる可能性がある。たとえそれが最終的には直接の仕事だったり役に立たなくても別の見地を与えたりしうる。だから、何か極めようとする体験をしてほしい

親元から離れる利点・欠点は?

最近は毎日一時間平均くらいはネイティブと英語を喋るようにしています。

教える側も常に磨かなければいけません。

ノートをとりますよね。残してそれをコレクションにしたいとかなら話は別なんですが、僕は学んだものは全て携帯の復習リストに入れるだけで一瞬とったメモは全て捨てます。どうせ電子化されたデータはいつまでも参照できますし、ノートでメモをとっても復習しなければどうせいつまでたっても覚えられないのです。なのでとあるアプリに復習して覚えたい事項として入れてしまうわけですね。

ノートもかさみませんし、覚えることもできる。僕にとっては一石二鳥ですね。

今日もネイティブとたくさん会話して色々な表現を学びました。
different strokes for different folks
upstream(川の上流という意味で)
burst its banks(川が氾濫する)
It’s a hassle.(面倒)
A contingency plan(非常事態用のプラン)
ラグビーの外国人選手のことをimportsといったり
I wouldn’t use the word “fun”.(to say sth is not fun)
be supported financially(大学に行くお子様が経済的に援助されている様)
The world is your oyster(なんでもできるよ。)

などなど。今日ディスカッションしたのは、「早くに親元から離れるbenefits&drawbacks、遅くに親元から離れるbenefits&drawbacks」でしたね。親元から離れるのは大変ですが、経済的援助を受けているか受けていないかによってももちろん大きく変わります。果たして、どんな利点や欠点があるでしょうかね。みなさんはどう思いますか?

僕はやはり、「失敗する」ために、早くから親元から離れるべきだと思っています。つまりそちらの方が利点が多いと考えています。親は「基本的には」子供を守ろうとしている人が多いです。つまり「失敗して欲しくない」、と思って、安全な道を教えてあげようとします。それはそうですよね。親は子供よりも何十年と長く生きているのですから、よくないこととか、しておくといいこととか、そういうものは経験によってわかっているでしょう。

しかしやはり我々は失敗から学ぶ生き物です。数学でもなんでもそうですが、正しい解き方だけ通って入ればいいというものではありません。筋のよくない道を知っているから、いい解法の良さがわかり、学ぶことができる。かといって、戦争のような失敗も再び引き起こして学べというのではありません。日常的な失敗くらいいいじゃないですか。

そんな感じです。そろそろ仕事なので頑張るとしましょう。祝日ですが塾はあります!それでは。

風が強い

おはようございます。本日はPeXにおける授業は全て中止です。天気はsunnyとも言えないことはないですが、windyですね。危ないです。

ただ、ネットで行える遠隔授業はこのまま中止しません。ご注意ください。

NTTが6G通信になるかもしれない通信技術がどうのこうの言っているニュースを見ました。あまり通信系に関する知識は乏しいので勉強が必要です。まあ基本は電磁気学なわけですが。大学での講義で一度通信系の授業をとってシャノンの定理あたりはやった気がするのですが…こちらになにかメモを残せるほど残っていません(汗)勉強し直しですね。

今日は私は主に勉強と講義と色々な雑処理に追われそうです。みなさまも、Have a nice day!

夕方から本格化?

おはようございます。

今日の台風はどうやら夕方くらいからだいぶ本格化していくみたいですね。当塾PeXでの授業は本日はありませんが、外部の仕事のため私は今日は14時くらいまでは仕事を外でしなくてはいけないです。
また、個別に連絡はしておりますが、明日の日曜日のPeXにおける講義は全て中止です。一応日曜日午後くらいから晴れているようではあるのですが、決めるのを渋って渋滞に巻き込まれたり、授業が遅れたりで生徒様がたもてんやわんやになりますので、もういっそ中止です。
ご自宅で身の安全を確保してください。

(私は頑張って今日の午後仕事から帰れることを祈りつつ仕事へ行きます…)

Page 1 of 7

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén