仙台物理実験塾 PeX

Experiment × Physics

月別: 2019年11月

【告知】2019/11/24(日)第六回異分野交流会:オーロラについて

異分野交流会とは?

2019年11月24日に第六回異分野交流会を開催いたします!前回は連続体仮説についてというテーマで数学科の方から講演していただきましたね。
異分野交流会とは、「現役の研究者がその研究をシェアする場」であり、それを「お酒・料理・おつまみ有」でまったり楽しもうよという趣旨のイベントです。

講演内容

「オーロラについて」(地球惑星物理学分野)

オーロラとは、高層大気を構成する原子・分子が、様々な過程により蓄えられたエネルギーを光として放出する現象である。古くより人々の関心を集めていたオーロラ現象は、19世紀後半からは科学的なアプローチによりその性質が研究され始め、20世紀後半以降は観測装置の発展に伴う、より定量的な解析が盛んに行われている。オーロラはその形状や発生機構により様々な名前に分類されるが、特に、その明るさが周期的に変化する脈動オーロラについては、近年の技術発展を応用した研究により多くの謎が解き明かされてきた。その一環としてNASAは、2020年12月に脈動オーロラ中にロケットを打ち上げ、様々な物理量をその場観測することから脈動オーロラを研究するLAMPプロジェクトを計画している。東北大学はLAMPプロジェクトに光学観測装置を提供する予定であり、私はその設計・開発・地上試験を担当している。
本講演では、オーロラの分類やその発生機構に関わる基本的な解説を行い、最終的に脈動オーロラ観測計画であるLAMPプロジェクトについて説明する。オーロラに関係する物理現象について定性的な説明を行うため、専門的な知識は不要である。

参加方法

connpass(https://pex.connpass.com/event/155881/)にて参加申請をするのみです。

  • 参加費:500円
  • 場所:仙台市宮城野区宮城野1-1-3 尾花ビル501

絵本での英語勉強

Read with Biff, Chip & Kipper Phonics Level1

英語多読の教材を簡単に紹介しましょう。上の写真はイギリスの大半の小学校で採用されているOxford Reading TreeのRead with Biff, Chip & Kipper Phonics Level1です。Phonicsというからに、発音を理解することを要とした音の遊びが含まれています。もちろん、これを指導できる大人が必要なわけですけれども。

Chip’s Letter Songs

上の写真は”Chip’s Letter Songs”のp13から引用したものです。”Look for all the things in the picture that begin with m and n.”とのことですが、結構難しいですよね。日本の中学校で学ぶ教科書でもここまで絵に特化した教材は無いです。しかし絵による学習は非常に記憶に印象付ける意味で強力です。たとえ今回このページで分からなくても、ここで一旦覚えようとすれば、このシリーズのどこかで再び出てくることもあり、そこでまた自分でアウトプットができるので復習ができてしまうんですね。もう赤ちゃんレベルにまで自分が戻ったと思って英語を再学習するのがポイントです。こういう本を舐めてはいけません。

ちなみに上の絵の中の問題の答えは、mum, mug, mice, monkeys, needle, newspaper, monsters, necklace, moon, night, netなどです。くまなく探していると発見もあり、面白いです。

こういう本を徹底的に生徒と読み込んでいきます。絵から学んだ単語は一発では覚えられなくともかなりの確率で一回は見たことあるという風になりますし、同じように続けて絵本を読んでいけば必ずといっていいほど同じ単語に出会います。そういうところでこういう絵のイメージは強く活きることとなるでしょう。

忙しめの土曜日&多読実践

おはようございます。

土日がかなり忙しくなりがちで、今日も例に漏れず一日中仕事です。

当塾で多読を英語の勉強に導入しましたが、やはり膨大な量の洋書があるわけで、当塾に足の踏み場がないほどの本を買い込むわけにはいきません。ですが図書館に行っても多読実践したい人がすぐに実践できるかというと、若干ハードルが高い気がします。なぜかというと、YL(読みやすさレベル)について知っている人もそこまで多くなく、かつ、図書館にその記載があるかどうか怪しいからです。これには流石に地域差が出てしまいますが、仙台市では多賀城の図書館には少なくともその表示があるようです。少々仙台駅から離れてはいますが、電車であれば近いです。

さて、そのような多読実践のための情報を知ったからといって、英語の全くの初心者が飛び込んでいけるかというと、やはり指南が必要だと思うわけです。なぜなら、文法は本には書かれてはいませんし、本の内容を理解したかどうかの確認というのは、読み始めの人にとっては難しいからです。また、どんどん多読していくにあたって、記録をしたり、情報共有したり、その進捗を報告したりする場所があるのは、勉強を継続する一つのポイントになります。

当塾では多読記録用のハンドブックを持ってもらっていて、初めから「図書館へ行け」は酷なので、簡単すぎるというほど簡単すぎる(とはいっても向こうの小学生が読むレベルというのはなかなか難しいです)絵本のみ塾で読んでもらい、羽ばたいていけるレベルになって来たら(ここで英語を読むという自主性が確立できている)自分で図書館に足を踏み入れてもらう。興味のある本を探してもらうということにしようかな、と。

塾では読んでもらった後、読み合わせで内容を確認したり、ちょっとした文法事項は解説します。多読だけ、というのが良いのではなく、色々な勉強法を組み合わせて網羅するのが相乗効果を生むはずだからです。(やはり受験に文法問題というのは出ますし)

英語多読・英会話の授業は明日の日曜日になります。気になる人はぜひコンタクト取ってみてください。

それでは今日も一日頑張りましょう。

急激に寒くなる&インフル

おはようございます。

本日仙台は最高気温が14度、最低気温が8度というなかなか寒い日になるようです。みなさま防寒具をしっかり(ブーメラン)。実は昨年度に用意していた防寒具がすべてworn outしていたため、全て捨ててしまいました。そろそろ購入しなければ、といった具合ですが、なかなか時間も取れていない現状です。

さて、どうやらまだ数は少ないようですが、インフルエンザにかかっている人もいらっしゃるようです。身内で40度近くの高熱が1週間続いている、明らかにおかしい…?という人もおり、今日インフル疑惑で医者にもう一度かかる人がいます。みなさまもお気をつけください。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén