[TOC]

異分野交流会とは?

異分野交流会とは、研究者がその専門分野でない人たちに向けて自分の研究内容の面白さをシェアする場所です。お酒と美味しい料理を一緒に楽しみながらなので、皆さんいつもリラックスして聴いていらっしゃいます。お陰様でこの度5回目を迎えることができました。

今回は数学のお話「連続体仮説」について

お酒飲みながら理解できるかな…(不安)(^^;)

数学基礎論という分野からお話してくださりました。現在東北大学数学科修士課程1年の方です!連続体仮説というものは、「数学的に証明も反証もできないことが証明された」命題であるそうです。ちょびちょびと皆さんご飯・お酒を食べ飲みし始めました。

今日の話の流れ

3部構成でのお話でした。まずは話を理解する上で最低限の数学の知識をフォローアップする第一部。そして「連続体仮説をどう数学的に定式化するか」という第二部。そして「連続体仮説をどのように証明するか」という第三部、でした。

本日の流れ

板書を取り視聴者を導く

板書解説付き!

初めは集合論について、高校前提とは言っても写像などの概念がないことを想定して、解説しながら導いてくださりました。そして私も聞き入って考えているうちに写真を撮ることを忘れてしまっていたわけですが…(汗)いずれにしても、非常に有意義な会でございました。数学基礎論の話は学生時代にもほとんど自分で手をつけたことがなかったもので、お酒に酔いながら聞いていたとはいえ、色々な話題について知ることができました。どうやら講演者の方は話は終わっていないそうで、第2回目として講演してくださるとのことです!(この日はなんと3時間もぶっ続けでお話ししていました!)

司会進行役として勉強しなければならないなぁと思う部分もあり、次回に活かせていけたらと思っています。

次回の異分野交流会

次回の異分野交流会は9月に行う予定ですが、いまは講演者を探しているところです!決まり次第告知をかけたいと思います!