仙台物理実験塾 PeX

Experiment × Physics

月別: 2019年7月

2019年7月29日 オールイングリッシュ授業

こんにちは。この日の指導は物理数学・英語を高専生の方に、数学を高1の方に指導しました。

高専生の方はもう一応ベクトルをやってきているので、仕事の定義をベクトルの内積で答えてもらうように(考えてもらうように)していますが…やはり最初は考えるのが大変なようですね。やっぱりちょっと高専の授業おざなりでは…?と思う節が生徒の様子から伺えます。物理分からない高専生やっぱり多いというのは本当そうな気がしますね。

英語の講義では最近80%をオールイングリッシュ(英語で英語を教える)にしてみています。生徒がリスニングが必要なので、問題と向き合うだけでなく授業中にも普通に英語を聴いて欲しいわけです。英語でわからないことがある場合、僕はジェスチャーや表情・図を使って簡単に伝えるか、言葉をもっと砕いて説明することで日本語をなるべく混ざらないようにしています。英語は英語で理解しましょう、というわけですね。

高校一年生に教えた数学はオンライン指導でした。多少遠隔の時や家を出る都合が悪くなった時にすぐにオンラインでもできるというのは利点ですよね。主に数学の場合の数の分野のお話と問題演習を一緒にしました。円順列のあたりで少し混乱する生徒が多いですが、よくできておりました。

先生はこの後宿題をLaTeXに打ち込んで皆さんにお配りするところです。徹底的に個々の生徒に即して教えるのが大事ですからね。それではまた!

仙台で物理を学ぶなら【仙台物理実験塾 PeX】

塾名 仙台物理実験塾 PeX
所在地 〒983-0045 宮城県仙台市宮城野区宮城野1-1-3 尾花ビル 501
TEL 080-1326-4299
ホームページ http://physicsdoor.net

【レポート】2019/7/13(土)第四回異分野交流会:地球物理学のお二人から!

異分野交流会再開しました!

2019年7月13日「第四回異分野交流会」を開催いたしました。前回の「第三回異分野交流会」実施から2年ほど経っています。この時は講演者側のボスである先生も乱入されて非常に盛り上がった記憶が今でも新しいです。それ以降は同じ場所での開催が厳しくなってしまいましたので、新しい箱を構えるまではお休みしていました。

会場の雰囲気

日野太陽君の講演中(画質が悪くてすみません)

みんな真剣にお話聞いてますね!参加者は「異分野交流会」という名の通り様々な分野の方が集まっていただきました。途中は司会進行の私も含め、いろいろな人から質問が飛び交って大盛況!

今回の講演テーマは、

  1. 藤岡悠理(東北大学地球惑星物質科学科 4年生)による「宇宙の玉手箱を紐解く!卒論イントロダクション
  2. 日野太陽(元東北大学地球物理学専攻 現職気象庁)による「オーロラ入門編

でありました。藤岡君のお話も日野君のお話も、基本的な部分から最先端のことのお話まで様々なことが学べる・知れる大変充実した発表でございました。

今回不手際で写真もあまり撮れていなくて恐縮ですが、料理は全て手作りで用意したものでなかなか皆様満足されていたようです!やっぱり作りたての料理は美味しいですね!これからも料理は自作で用意いたしますので、そういう意味でも(?)ご期待ください!

次回について

次回は8月末あたりの日曜日を検討しており、数学系のお話になる予定です。またの告知をお楽しみに!最新情報はこちらのHPと、公式Twitter(@sendai_pex)に発信いたしますのでチェックしてくださいね!

今までの参加された方には声をかけると思われます。どうぞよろしくお願いいたします。

【レポート】2017/8/26(土)第三回異分野交流会:量子情報理論への導入!

2017年8月26日(土)、予定通り第三回異分野交流会を開催いたしました。

テーマは「量子情報物理学」。Twitterなどで物理の界隈を見ていると最近ちょこちょこと話題になる物理学の分野です。

今回の参加者は全部で4人。私(北山慎之介)、講演者(M2 素粒子理論研究室)、数学科からの方(B3)、工学材料系の方(M2)といった感じです。

4年生の方にも多少声をかけたのですが、院試直前直後といったところで、今回は時期的に微妙だったようです(汗)

講演内容

  1. 量子力学の解説
  2. 古典情報理論の解説
  3. 量子情報理論(量子テレポーテション・量子鍵暗号)の概説

といった感じでした。特に印象に残っているのは「量子鍵暗号」の話で、鍵を輸送するときに誰かに鍵が奪われる可能性がないかということを、現在進行形で探知できるということでしたね。あとはお酒でまったりしていたので、覚えているような、覚えていないような…といった感じです(笑)

会場の雰囲気

  • 質問を受けて解説中…

  • プロジェクターで基本解説

     

みなさん食べ物・飲み物を自由に取りながらリラックスした様子で聞いておられました。途中、講演者山口さんのボスである堀田先生が会場にいらっしゃり会場でびっくり。(私だけかもしれません…?)

堀田昌寛先生は量子基礎論、量子情報理論や一般相対性理論などを研究分野にしていらっしゃる東北大学の先生です。おそらく東北大学理学部物理学科に進学する方の一部は、堀田先生の授業を受けることもあると思います。(私は量子力学演習でお世話になりました)

堀田先生が時折更新なさるHP(http://mhotta.hatenablog.com)も物理学の面白い話がたくさん書いてありますので要チェックです(内容は物理学を学んでいないと読むのは難しいです)。

今回は量子情報物理学というホットな話題で最先端お酒を飲みながら学術的なお話をざっくばらんに聞けるのはやはりいいですね!次回の開催は未定ですが、またのお楽しみに!!

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén